「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を売買して利益を上げる商品です。買ったり売ったりの値段は常に動いています。それが為替相場です。ラジオのニュースを聞いていると、通貨の為替相場のニュースが流れることがあります。たとえば、「本のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを意味しています。別の表現をするとトレードには買値と売値の両方の値が存在します。売値のことをビット、買値の事をアスクと提示している業者もあったりします。いつもは買値よりも売値のほうが低く定められています。実際に買うときには高く、売るときには安くなるのが普通です。この差額をスプレッドといい、FX取引会社の稼ぎのひとつといわれています。スプレッドはFX会社によって変わります。スプレッドの差はみなさんにとって出費になるので、低い取引業者を選択するほうが有益です。ただ、場面によってスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。通常は円とドルのペアで1銭のスプレッドの差であっても、相場の変動が大きい状況では広くなったりする状況があります。なので、スプレッドの幅が狭いのと同時に安定している事が重要です。この頃では固定でスプレッドの狭さを表示するFX取引会社も数多く存在しています。現実に取引業者の注文画面で本当のマーケットを見て確認しなければ判断できないのですが必要な事です。貴重な財産を賭けて売買するのですから本当の売買の前に関心があるFX会社の新規口座開設を試して表示されているスプレッド幅を確かめましょう。同じ通貨ペアでも、そのときの外国為替市場の状態によって通貨ペアのスプレッドの幅は異なる場合があります。おおむね、銀行間取引で取引量の多い、流動性の高い外貨ではスプレッドが狭く、他の外貨ではスプレッドの幅が広くなるのが普通です。