FXについての興味深いところはたった一つの金融商品あるはずが投資期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」という3種類の期間からいずれを選定するのかによって、資金を費やす方策が変わるという点にあると言われます。最初は外国貨幣への投入の「長い期間の投資」に関して見てみましょう。長期のスタンスとは、一年以上の長期の出資を基本にしています。普通は為替のレートで一年も後の相場が円高なのか、反対に円安なのかを連想するのは一般的に困難だと思います。普通の人は「そんなにも後々の動向は予想できない」と思うのが一般的だからです。未知なことを懸命に予想しようとも、無謀なのです。そういったことから外国の貨幣を買ったら、そのタイミングでの買いレートよりも円高になったとしてもその分は少し経てば元に戻るだろうという気楽な感覚で取引に参加するものです。為替の利益をがんばって狙うことよりもその他の儲けつまりはスワップポイントを上げるということを、まず初めのゴールということで始めましょう。当然少しの期間で為替差損に損がたくさんなることがあります。そのため、こんなマイナスでもさほど困らないよう、レバレッジをなるべく少なめにトレードする心がけはポイントです。FXは差損が決まった金額を上回って大きくなってしまうと追加保証金(追い証)が出て来たりもしくはロスカットがかけられたりします。ストップロス(ロスカット)になってしまったら、そこでやり取りを打ち切りしなければならず長期トレードはダメになります。リスクを回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍に設定して売り買いするのが安心かと思います。次に中期スタンスの取引についてです。中期投資では、長くて2ヶ月ほど後を見越してのトレードをします。為替の売買の場合は、1ヶ月後のことはある程度予測できるでしょう。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)のような各国の集まりや為替の市場参加者がいかなるポイントに興味があるかを確認してみれば、おおかた予測できると思います。ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしながら、チャートをチェックすることによって、為替レートの状況を理解できるようになり買いか売りかを決定するのがいいでしょう。基本的に、経済の状況とテクニカルの両方で光りあるいは買いが一致していれば、その通りに動くと思って大丈夫です。そこでポジションを増やすと一層大きな儲けを入手できるでしょう。最後は短期のスタンスの重要点。ここでの短期トレードとは言い換えればデイトレードのことを指しています。為替市場でデイトレーディングを行う際はファンダメンタルズは決して関係ないと思います。というのも明日のレートの動向に経済の状態は絡んでいないからです。ここで、一番の狙いどころは目立ったイベントがあることで、それに影響されて為替レートがかなり変化するタイミングを狙って取引しましょう。例を挙げるとアメリカ合衆国にて雇用情勢が発表されるまたは金融政策決定会合などによって金利が変わるというような催し。こういう一瞬の変わり目を逃さないとの意味から、短期のスタンスは多種の情報が欲しいところである。