商店で全部の所有カードが決済できるのでもありません。■クレカ会社の契約店舗はおおむね多くのカードのブランドとライセンスを結んでいるんですが不便ですが商店で全部のブランドのカードが決済可能なんではありません。昔ながらの契約店舗の場合だとJCBのマークの書いたカードしか使えないときもあるし今日の契約店だとVISAやマスターカードのブランドの入っているものだけしか使用できないときもあります。銀聯のようなクレカならば増して使用不可な店舗が増えるんじゃないでしょうか。どのマークのカードが使えるかどうやって見分けたらいいものか「ならばいかなる方法で何のブランドのクレカが決済可能かというのを見分けると良いのか?」といっても、確実にチェックするとしたらそこの人に聞いてみるのみ、ていうのが正直ながらその答えになります。とはいえどもけっこうの数のショップやフードコートには店舗前の入口の場所に決済できるクレカ会社のブランドがプリントされている認証マークが掲載されている理由から「そうなんだ、ここの店はJCBが使用できるのだな」という感じで分かりやすいようになってるため心配しないようにしてほしいと思います。というものの、きっちりと案内が行き届いていないお店で使うときには印が掲載されているショップでも「うちでは○○クレカはご使用になれません」という答えをされるなどということもあるわけで、メンツをつぶされてしまう場合だってあるでしょう。贅沢をいえばできる限り全てのショップでクレジットカードが決済できるようにしたいならば異なるマーク(国外マーク)がプリントされた一般的なビザカードJCB、ダイナースカード、ライフカード、などのクレカを2枚以上契約するようにしたほうがよいと思います(例:ライフカードを使っているならMasterCardブランドのクレカを契約するなど)。特に国内においては、VISAカード、MasterCard、JCBの3つの契約が入っているクレジットカードを日ごろから使っていればおおよそ100%の加入店でどれかしらのクレジットカードを使用するようスタンバイOKということになります。カードを使用して日常的にスマートな支払いを目標とするのであれば、どんな場面でも支払い可能なクレカを契約しておいて損はないでしょう。