自動車を買い取ってもらうときや、それから売却のさいも印鑑証明という書類がなければなりません。この印鑑証明というものについて解説していきます。印鑑証明というのは、ある印鑑が実印であるという事実を証明する目的のものです。印鑑証明がなければその印鑑が実印として認められているということが実証できません。決して小さくない売買になる該当する車の買取のため、実印が必要ですがその時に印鑑証明という書類が出てきます。役所で印鑑証明を発行するには印鑑証明をすることが必要です。印鑑証明に登録する印鑑は正式には実印と呼ばれていて同じものが二つとない判子であることが必須です。印鑑を持って市役所などの取次ぎ所に行けば、印鑑登録できます。印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードなるものがもらえて、印鑑登録をしたハンコは実印として認められたということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうには市役所などの案内係へ行き印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を書いて印鑑登録カードを出す必要があります。また自動交付機を使って発行してもらう事が可能です。印鑑証明そのものには有効期限はないのです。ですからどれだけ前の印鑑証明であろうが印鑑証明としての効力は消えないということになります。ですが、車売却の時は、必要となる印鑑証明は3ヶ月以内に発行された書類である必要があります。基本的には有効期限などはないのですが、愛車の買取の際は、業者側が期限を教えてくれるのでもしも愛車の売却予定の車があるのであれば、あらかじめ用意しておくことが必要です。