未払い金があるカードの無効化についても慎重に…ローンもしくは会社独自のプランキャッシングといった未払い残金に関する払い込みが引き続き終了していないという状況のまま契約失効手続きということをすると、ごく自然な話とも言えますがカードの機能停止とともに未払金の全額一括返済を要求される例もあったりします(要するに払い渡しが終了していないお金を解約するというのつもりならば一度に払えという風に言われる)。現在の財産に余剰が残っている状態において即座に解約するのであれば問題は起こらないが残金がわずかな場合にそのような解約ということを実行してしまうのは自殺行為とも思われるのですからまず勘定が終わってから使用取りやめを始めるように考えた方が無難と思います。機能停止においてどのくらいお手元のカードを買い物に使って支払う金額がどれほどになっているかを用心しつつ照会した末に契約失効手続きすることを意識して下されば幸いです。無効化上のマージンというものが必要なクレカも存在⇒2010年現在、あまりにも限られた条件となってはいますが一部のカードにおいて無効化にかかる金額という費用が生じてしまう例がある(一部のJCBカードのみ)。かなり限られた場合と断言できる故にそこまで気にしなくても構わないけれどクレカを契約してからある期日以前の時期において使用取りやめを実行するような状況において機能停止上の必要経費というものが必要になる仕組みが出来ているから、こういった使用取りやめのための支払いを払いたくないということであれば規約にある日数が経つのを辛抱して使ってから無効化を実行してもらうようにしてほしい。ちなみに心配しないで頂きたいのですが、上記で説明したような場合は機能停止を申し出た時点で係の社員の口から告知ないしは警告などというものがちゃんと言ってもらえるはず。言い渡しをせずに一方的に解約手数料が徴収されるというハプニングはまずないようですからまずは機能停止を係の人に相談してもらって、自らが手持ちのカードにおいて無効化上のマージンが支払いの義務があるかそれとも必要ないかチェックして頂きたいと考えております